無料音楽といえば

無料音楽が広く公開されている場所と言えば、YouTubeの名前が挙げられる。
ブロードバンド環境が普及し、最初このサイトが誕生したときに「なんで、私もこれを思いつかなかったのか」と思ったものである。
私と同じような気持ちになった人間も多いのではないだろうか?
ちなみに、YouTubeは無料の音楽配信サイトではなく、動画配信サイトである。
しかしその特性上、広く音楽を配信されるサイトとしても利用されている。
大きな問題点としては、同時に有料音楽まで心ないユーザーの手によって配信されてしまうことであるが、最近ではかなり削除率も上がり、みんなが安心して利用できるサイトに成長している。
さて、このYouTubeやニコニコ動画で人気の一画を背負っているのがボーカロイドと呼ばれるツールで作られた「歌」である。
基本的に全てが無料音楽である。
とはいえ、無料音楽でありフリー素材ではないため、これを利用することはあまり推奨されないことが多い。
公開されている歌に、独自の絵や動画をつけてPVとして発進することは良くあるが、すでに公開されている歌や曲を自分が作ったと偽るような行為は、ユーザーから白眼視される結果になる。
ちなみにボーカロイド曲については色々な意見があるが、私は総じて好ましいと思っている。