今の漫画の世界

漫画とは、劇画・ストーリー漫画・落書き・アニメなど幅広い定義で使われています。
主に雑誌や単行本で発行されるものを漫画と呼びますが、日本における漫画業界は世界的に見ても非常に高いシェアを誇ります。
漫画を大きくジャンル分けすると、少年漫画・少女漫画・児童漫画・青年漫画・女性漫画・成人向け漫画などと分けられます。
その中から更に冒険漫画や恋愛漫画、ギャク漫画など分けていくとキリがないほど幅は広くなります。
そのため、性別や年齢に問わず楽しめるものとして高い評価を受けているのが漫画の世界です。
しかし、出版不況で雑誌や単行本の売り上げが近年下がってきています。
そこには電子書籍などのウェブコミックの需要が高まってきている効果もあるのだと思います。
それでも最近、漫画のアニメ化やドラマ化などが多くなり、そういったことで単行本の売り上げに繋がる効果も出てきています。
普段漫画を読まない人もメディアミックスされたことで興味を持つ人が増えているのでしょう。